風の人

若狭が好き、でも他の地域も好き、柴田叔之の居食住

ゆく年くる年

大晦日ですね。

DSC00759.jpg

鯖のぬた。
若狭に生まれてよかったーと思う郷土料理。



年越しそば
おばあちゃんに合わせて、ちょっと早めに食べました。


DSC00762.jpg

夜はすき焼き。
若杯者が旨い。

あ、ブログ書いてたら日付変わった!
去年のすき焼きは美味しかったなー!

明けましておめでとうございます☆

[広告] VPS


柴田家の大晦日の様子をどうぞご覧ください。
こんな柴田家を、本年もよろしくお願いいたします笑

スポンサーサイト

元旦

明けましておめでとうございます。

今年も、毎年恒例の元旦マラソンへ。



最初は小雨でしたが、終盤から晴れてきました。

初日の出(ちょっと曇り)。



DSC00770.jpg

その後、濱の湯へ。

ええ湯でした。

3日まで、日本酒風呂だそうです♫


DSC00772.jpg

そして、八幡神社へ初詣。

これまで初詣はほとんどしてなくって、新鮮でした。



DSC00773.jpg

八幡神社の向かいにある「こころ」さんへ

同級生のご両親が営む石釜パン屋さん。



いい正月でした。

明日から、箱根駅伝。楽しみです♫

(旦那が)

最近、結婚した知人(女性)が

フェイスブックに

「夕飯に◯◯作りました〜(旦那が)」と、

作ったご飯の画像をアップしている。




旦那さんが作ったご飯を掲載する。

すると友人が「いいね!」してくれる。

「ステキな旦那さーん♫」っていうコメントくれる。

すると旦那さんは嬉しくなって、ご飯を作りたくなる。

奥さんは楽できる。

という具合に、夫婦円満になるらしい。


ということで、

昨夜、お邪魔した家で。



「鯛のうしお汁」作りました。(阿児さんが)


DSC00851.jpg

「カワハギのあん肝ポン酢」作りました。(阿児さんが)


DSC00852.jpg

「鯛の湯引き」作りました。(阿児さんが)



阿児さんをご存知ない方はすみません。

お幸せに!

読書

久々に読書している。

これが読書と言えるのか分からないけど、

普段あまり読書をしない僕にとっては、

読書です。



しかも読んでるのは妙興寺誌

昔の言葉遣いで、

読みづらいけど、

新しい発見があって面白い。

DSC00878.jpg

真ん中は、柴田伊左衛門。

僕のおじいちゃん。

若杯者販売スタート

第3期目の若杯者

販売開始しました!

15871691_1827253930828966_6206283221924985936_n 2

今年のお酒は、

去年と一昨年とはまた違った風味を出しています。

購入ご希望の方は、

ハマセ酒店まで!

当たり前に感謝する

今日は1月15日。

小豆粥を食べる日です。



今日は仕事で実家へ帰省。

小浜はすんごい雪でした。

福井市よりも雪が多い気がする。

というか、融雪機能が追いついていないのかも。

融雪水も頑張ってて、

それが影響してるのか、

近所の津島名水も、雲城水も、水の量が激減してた。



一緒に水汲んでたおっちゃんらが、

こういう時に、水が出ることの有り難みが分かるなぁ。

当たり前じゃないんやもんなぁ。感謝せな〜。




今年一番、ふんふんとうなずいた会話。

ってまた15日しか経ってへんけども笑



つららエピソードの無い男児はいない

と、勝手に思っています。
皆さんはどんなエピソードお持ちでしょうか。




つららエピソード

堂々の第1位は「雪玉で当てて落とす」

一番大きいつららを落とした男児はヒーロー。
小学5,6年になると、うまく雪をクッションにして、割らずに落とせるようになる。
つららを落とそうと投げた雪玉が家や車に当たることは多々。
そんで、車や家からおっさんが出てきて怒られるもしばしば。
うまく逃げ切ったとしても、家に帰ると親に情報が筒抜け。
親の知り合いが近くで見ていて、すぐ密告されてしまう。
田舎の情報網をあなどってはいけない。


続いて第2位は「つららを食べる」

寒い時こそ、冷たいものを。
舐める派?それともかじる派?
食べきれなかったら捨てる派?それとも雪の中で保存する派?
そんなことはどうでもよくって、
一番大事なのは、つららを取った屋根はキレイかどうか。
今思えば〜
あの大きいつららが取れた屋根は〜
工場の錆びたトタン屋根〜♫



そして第3位は「つらら剣」

男児は棒状のものが好き。
木の枝や、塩ビパイプを見ればすぐ飛びつき、装備する。
6年生になると、班長旗と二刀流になって強い。
低学年の頃は、早く大きくなってこの強さを手に入れたいと熱望していた。
つららの輝きから、聖剣エクスカリバー!って叫ぶのは当然の話。
でも、つららの”もろさ”も知ってる。
壊れた時の悲しみを知っている。
だから、つららで戦おうとはしない。
思いやりのあるパラディンなのだ。



つらら。
それは男児のロマンである。

誰が何と言おうと

「豚汁」

「ぶたじる」です!


引退

同級生が、今度の大阪ハーフマラソンを最後に、

現役引退するらしい。

長距離選手にしては、まだ若い。

小学生の頃、陸上教室で一緒で、

中、高、社会人で陸上一筋。

都道府県駅伝では何度も走ってる。

引退を決意する時って、どんな気持ちだったんだろう。



僕の陸上競技のピークは高校3年までだったかなぁ。

僕はもう大学2年あたりから、

オフ会にしか参加せん陸上部員だったし。

むしろ飲み会がオンだったし(笑)。



同級生は引退後、

市民ランナーとしてまだまだ陸上競技には関わるとのこと。

あぁ、地元でまた一緒に走りたいな!

そのためにも、このミートテックを脱がなきゃな!

FUCA企画展

福井のクリエイターが選んだ逸品



そんな何とも楽しそうな展示会が

1月28日〜2月1日までの5日間

福井駅前のハピリンにて開催されます!


食べ物、工芸品、風景、音、活動、何でもあり!

福井の魅力、底力が感じられる企画になるんじゃないでしょうか。



自分でクリエイターというのも

お恥ずかしいですが、

応募させていただきました!

もちろん、高浜町のアレとアレですよ〜!

Oさん、お世話になりますm_ _m

ぜひ、お越しください。


ほかのクリエイターさん達が

どんなものを応募したのかも気になるぅ〜

楽しみです。


しばっちです

事務所に時々訪ねて来られる

某会社の営業の方から

いただいたクロワッサン



製パン会社と提携して作ってるそうです。



設計事務所なら

カロ◯ーメイトか、ソ◯ジョイと提携だな!

建物も健康も「基礎」が大事です。

しばっちです☆

武生ブルージュ

先日、武生へ仕事で行った際、

総社の周辺をちょっとまち歩きをした。

すると、

えっ何でココに!?

というような建物が目の前に現れた。



DSC00977.jpg


古い建物やスナックが立ち並ぶ路地のつき当たりに、

何とも味のある建物が。

昔は居酒屋さんだったらしい。


でもこれ、どこかで見たことあるなぁと思ったら、

brugge21.jpg

ベルギーのブルージュの町並みにそっくり!

原広司の「同じものはつくるな。同じものになろうとするものは、すべて変形せよ」

も思い出される。

この建物を、勝手に「武生ブルージュ」と名付けることにする。

阿吽の呼吸

今日は天候が心配でしたが、

建方が実施できました。



何度見ても、職人さんの無駄の無い動きに惚れ惚れしてしまいます。

クレーンに木材をくくりつける人、

クレーンを操縦する人、

上で受け取る人、それを組み上げる人、

床板や壁を張る人、それに釘を打っていく人、

釘やビスなどの資材を補充していく人、

次の工程の段取りを先々に進めていく人、

誰1人として、手を止めていない。

1人がコレだけをするってわけでもなく、

決して機械ではできない「臨機応変」な判断が所々で発生し、

補完し合い、まさにこれを「阿吽の呼吸」というのだろう。

いづみ町

都市計画、住環境、観光戦略、

様々な要因が絡み合い、

決まったことらしいのだけど、

鯖街道の起点「いづみ町」が、道路拡幅のため、まもなく無くなる。



魚のマークや、鯖の模様が印象的。

小浜市全体で考えたら、

小浜小学校区の人間にしか馴染みが無い場所なのかもしれないが、

登下校道で毎日通っていた僕には、

ここが無くなることは非常に寂しい。


DSC00997.jpg

内部は、もうほとんどお店はやってない。

焼き鯖、鮮魚店などが数店ある程度。

5月に京都の出町まで走る

「鯖街道ウルトラマラソン」のスタート地点になっており、

最も賑わうのは、その時くらいかなぁ。


DSC00998.jpg

この日はちょうど、数組の観光客がまち歩きをしていた。

みんな必ず、ここで写真撮影。

フォトジェニックな場所である証明。

フォトジェニックな場所を無くすことは、

小浜市にとってデメリット。


小浜市の都市計画で、小浜インターから三丁町まで、

ズドーンと道路を通すらしい。

これの理由が、

緊急車両を通すためだとか、

住んでる人の不便を解消するためであれば、

仕方ないなぁと思うけど、

観光客のアクセスを便利にすることがメインだと聞いて、

がっかり。

三丁町に、そんなにキャパあるのか?っていう疑問。



何がなんでも行きたい!っていう三丁町すればいいだけの話。

観光客には遠回りしてもらえばいい。

まち歩きを楽しんでもらえばいい、

ドアtoドアは、もう古い。


DSC01000.jpg


今更やけど、

まちの駅の整備じゃなくて、

いづみ町の空き店舗を

カフェにしたり、コワーキングスペースにしたり、

若者が集う場所にして、

アーケードの中で、店先にテーブル出して、の方が、

ワイワイ賑やかになったんじゃなかろうか。。。


鯖街道の起点から、小浜の若者文化の起点に。

逆さ若狭富士

なんじゃこりゃー!

今日の朝、フェイスブックを開けると

目に飛び込んできたのは、

高浜町のUさんが撮影された2枚の写真。



16142417_731588517003878_8168503332887764122_n.jpg

白い砂浜が、白い雪に変わり、

青と白のコントラストが美しい!

しかも、砂と雪の境目が、

逆さ若狭富士に見える!!


Uさん、写真ありがとうございますm_ _m



※おまけ

今日の朝は、道路を横断するとき滑りました。

こけたらアカン!と思って、

トリプルアクセルを決めて、

なんとかごまかしました。

すると、車の人や、歩いてる人から拍手喝采。



ウソです笑


今日はええ天気。雪溶けるかなぁ。

福井のクリエイターが選んだ逸品

ここは、福井駅前のハピリンホール



ホール内には、福井県内の様々な逸品が並んでいます。

DSC01064.jpg

明日、1月28日〜2月1日まで、

ハピリンホールにて、

「福井のクリエイターが選んだ逸品」

の展示会を開催します。

そこで、僕も自らクリエイターと呼ぶのは

お恥ずかしいですが、選ばせていただきました!


DSC01068.jpg

高浜町和田の長街宴

DSC01076.jpg

大谷商店さんの若狭の白ちくわ


DSC01065.jpg

推薦人が関わってるものはダメなのですが、

事務所の代表が選んでくれたので、

若杯者もエントリー☆

DSC01073.jpg

小鯛の笹漬けでおなじみの、

吉田桶樽商店さんの樽。

色んな種類があることは知らんかったー!



ぜひお越しください!

ポストコシヒカリ



皆さん、

福井県では、ポストコシヒカリの名称を募集してるのご存知でしょうか?

一昨日、トイレしてると、

いいネーミングが舞い降りました!

ので、早速応募!

なんと、ネーミング採用されると、賞金50万円☆

1人で何通も応募できるようですよ!

こちらかどうぞ → https://www.fukui-rice.jp


募集は今月いっぱいとのこと!お急ぎください!

日曜日は、ずーっとトイレに引き込もろうかしら笑

行政のような

土曜日は、FUCA企画展

「福井のクリエイターが選んだ逸品」のオープニングパーティーがありまして、

柴田は、長街宴と大谷商店さんの白ちくわを紹介させていただきました!

16426603_1276836289030137_395538257_n.jpg

和田de路地祭の成り立ちや、

白ちくわの製造方法、米かま12.5mmが一番旨い

などなど。


すると周りの方々から、まるで行政のようなしゃべりだと。

いい意味で笑


塩屋で3年間、

地元の人にも、他所の人にも、

高浜の魅力を伝えるトークの特訓(トーックん)してきたからかな。



↑写真は、若狭の白ちくわのパッケージデザインを担当された

大谷直子さん(偶然にも同じ名字)からいただきました!


大谷さん、差し入れありがとうございました!

皆さん、旨い旨いと言うておられました。

大谷商店さんのフェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/fukuinokomekama/

今夜は麻王伝兵衛さん

今日はお給料日。

というわけで、

たまには

ちょっといい

チーズと生ハムと

麻王伝兵衛さんの野菜で

いただきます。




麻王伝兵衛さんのホームページはこちら
http://asaodenbee.com

該当の記事は見つかりませんでした。